にきびとは

にきびは、皮脂が大量に分泌される場所で発生する可能性があり、皮脂を分泌する毛穴を詰まらせることによってにきびが発生します。詰まった毛穴に油や死んだ皮膚細胞が蓄積すると、黒いにきび(開いた毛穴)または白いにきび(閉じた毛穴)と呼ばれるにきびが生じます。皮膚に生息する細菌である細菌は、赤いにきびを生成します。このバクテリアは皮脂を好むので、詰まった毛穴で成長し、皮膚のタンパク質を刺激します。それがにきびが発生し、炎症や赤い腫れを引き起こし、膿がたまって黄色い部分ができるメカニズムです。進行するにつれて、毛穴が壊れて内容物が流出し、さらなる炎症を引き起こす可能性があります。その場合、皮膚の深部が損傷し、炎症が治った後もニキビ跡が残ります。毛穴の詰まりに加えて、にきびは不規則な生活や飲み過ぎや食事のストレスにも関係しています。また、月経前にホルモンのバランスが崩れ、一時的にニキビができやすくなり、ニキビが増えることがあります。にきびは、首、背中、うなじだけでなく、頬、あご、鼻の頭などの顔にも発生する可能性があります。にきびの場所に応じて、それに対処するさまざまな方法があります。にきびは、皮脂が活発に分泌される毛穴が塞がれ、細菌の部分的な成長を引き起こし、皮膚に炎症を引き起こす状態です。イマニ ニキビ