学費とローンの役割

教育ローンは必要ですか?理想的には、子供が生まれた時から徐々に教育費を節約し始めるべきです。どちらの方向に進んでも、十分な教育を受けるためにどれだけのお金を準備する必要がありますか?子どもの通学準備についてのアンケートでは、500万円程度が最も多かった。卒業の費用を準備しているので、大学に入学する費用の約半分になりたいです。教育費と大学生活費は、どの大学に通うかによって大きく異なります。一番安いのは、自宅から国立大学に行くことで、約500万円かかります。家の外から私立大学に行くと、4年間で1000万円かかります。つまり、4年間で半分の250〜500万円節約できます。この見積もりには子供がかかります。したがって、2〜3人の子供がいる場合は、それぞれの子供に備える必要があります。貯蓄や学校ローンではなく、月収や保険料から入学金や義務教育費を支払うことをお勧めします。この時点ですでに貯められているお金を教育費として使うと、未来は進まない。ただし、小・中・高校の時は、私立か、不足で月収が減ってしまうので、ローンを組むしかありません。予期せぬ出来事のために学校に行く余裕がない場合、または必要なだけ貯蓄できない場合は、学校ローンを利用できる可能性があります。