顎整形手術の進歩

プラスチック製の顎の手術では、現在どのような種類の手術が行われていますか?小さな顔を目指す女性は世の中にはたくさんいると思いますが、顔の輪郭はとても重要です。形成外科の場合、1950年代以前の美容整形は、骨を引っ掻くことに消極的であり、顎の骨の皮質を軽く引っ掻いただけでした。当時、顎矯正手術時の全身麻酔の負担は重く、設備も整っていませんでした。バブル期を迎えるにつれ、全身麻酔の技術が着実に向上し、美容整形手術施設が整備され、その結果、顎の形成外科が改善されました。最近では、顎の整形手術により、患者はほとんど好きなように手術を受けることができます。しかし、その技術を考えると、顎の手術に関しては、医師と病院の間にはまだ違いがあります。手順が常に局所麻酔下で行われる極端な場合さえあります。技術的および設置の側面が十分でない場合、それは引っかかれるか、形成外科が満足のいくものではないかもしれません。局所麻酔下で顎骨を整形すると、手術中の骨削りの音や振動による痛みを訴える人が多くいます。内耳に伝わる音は、外からの音とは異なり、かなり痛いです。形成外科の技術は着実に進歩していますが、それは重要な顔であり続けているので、病院が本当に信頼できるかどうかを注意深くチェックしましょう。エレスリム