日焼けと皮膚の関係

イミュゼリー日焼けのイメージは人によって違うと思いますが、人の肌に良くないことがたくさんあります。かつてとは異なり、日焼けした肌が単に健康で良いと考えられていたとき、それはもはや単なるイメージではありません。日焼けがどのようにあなたを病気にすることができるかについて様々な研究がなされてきました、そして日焼けは白内障を引き起こすことも知られています。紫外線が皮膚に浸透すると、皮膚からメラニン色素が生成され、皮膚への浸透を妨げる現象が日焼けします。日焼けはシミやシワなどの肌の老化にもつながる可能性があるため、20歳以上の女性は特に注意する必要があります。日焼けした環境でも、太陽の光だけが良いことです。体内でビタミンDを生成する可能性のある太陽光線は、体に適切にさらされる必要があります。光老化は、紫外線に何年もさらされると慢性疾患になります。この現象は老化後に発生し、しわ、肝斑、さらには皮膚の良性および悪性腫瘍につながる可能性があります。最近の研究では、紫外線が皮膚の免疫応答を弱める可能性があることも示されています。肌の弱い人にとっては問題ではない光に対する感受性は、肌の弱い人にとっては肌の問題を引き起こす可能性がありますが、これも紫外線によって引き起こされます。日焼けの有害な影響を知り、健康を維持できるように十分に日光にさらすことをお勧めします。