日焼けの原因と対策

リカボ日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。メラニン色素が生まれると、同時にしみやそばかすもできてしまいます。紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。皮膚を黒くするのはUVAで、また皮膚を赤く日焼けさせるのはUVBなのです。紫外線のせいで、毎日の暮らしの中でも日焼けをすることになるのです。外出の際は、紫外線から肌を守るために、日焼け止めクリームなどを必ず塗るようにしましょう。日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。薄くのばしすぎるのは落ちやすくするだけで効果がなく、化粧とともに落ちてしまったり、汗と一緒にふきとられてしまったりもします。日焼け止めクリームの効果が無いのと一緒です。やはり日焼け止めという目的のためにはたっぷりと塗って、できれば2,3時間ごとに塗りなおすようにすると、日焼け止めの効果を最大限に生かすことができます。いつでも携帯して、外出の際にすぐ塗りなおしもできるようにしましょう。