ベータグルカンは健康にとても助けになる

i・b・o 効果ベータグルカンは局所成分であり、健康に有益であると考えられています。ベータグルカンの研究は進行中であり、米国および世界中の大学や研究機関でベータグルカンに関するプレゼンテーションが行われています。ベータグルガンは、抵抗力を高め、人が生まれる免疫力を強化する成分であると考えられています。癌の予防と治療のために免疫力を高める方法に注意が払われています。ベータグルカン-グルカンは、さまざまなブドウ糖が結合している物質の総称であり、アルファ型とベータ型があります。ベータグルカンは、健康を維持するのに役立つと考えられているベータの一種であり、糖タンパク質と呼ばれることもあります。ベータグルカンは、結合パターンに従ってさらに細分化されます。なかでもベータ-1,3-D-グルカンは健康維持に役立つと言われているベータグルカンです。ちなみに、紙の素材はセルロースと呼ばれるベータ1,4-グルカンです。ベータ-1,3-D-グルカンは単にベータグルカンと呼ばれます。ベータグルカンは、パン酵母の細胞壁やきのこに特に豊富に含まれています。キノコには、アガリクス、霊芝、マイタケ、シイタケ、ハナビラタケが含まれます。きのこにはガン抑制効果があると長い間経験から言われてきました。このベータグルカンの存在は、真菌に対して抗癌効果があることが示されています。